社会保険労務士 社労士 試験 独学 予備校 テキスト TAC 社会人 勉強 試験 資格 士業 

社会保険労務士

社労士独学勉強法【まとめ】~夢の社会保険労務士合格へ~

3月中旬からの完全独学で一発合格を目指すも、その年の8月試験では悔しくも不合格。その不合格から色々なことを学び、リベンジをかけた翌年で合格。不合格の体験こそもっとも有益な情報。ということで、合格体験記だけでなく、不合格体験記も記します。こ...
社会保険労務士

社労士試験合格者年齢別割合

社労士試験合格者の年齢別割合を調べてみました。 合格者年齢割合 令和2年をもとに、10年前の平成22年を比較してみました。まずビックリしたのは、合格者総数が47%まで減っていること。受験者が減っているので当然ではあるのですが、...
社会保険労務士

社労士試験での問題冊子のページ数(選択式・択一式)

これまでの社会保険労務士試験で、問題冊子のページ数をまとめてみました。選択式が導入された第32回から集計しました。表紙と説明のページは除き、純粋に問題部分のみのページ数なので、問題文の長さがそのまま表れます。まずは選択式から、過去10年平...
社会保険労務士

社労士試験の選択式で補正後「1点」はありうるのか?

選択式は8科目で、点数は各科目5点で合計40点です。合計で6割~7割の合格基準があり、それ以外に各科目で3点以上という足切りラインがあります。この足切りラインが社労士試験をより難しくしています。ただ、年度によって科目ごとの難易度にブレがあ...
社会保険労務士

試験後の補正科目は最大で何科目?

毎年のように補正が入る社労士試験ですが、過去の最大何科目の補正が入ったのでしょうか。選択式になった平成12年の第32回から数えてみました。選択式だと最大5科目が2回半分にあたる4科目が4回、択一式だと最大3科目が2回最近3年間では0。合計...
社会保険労務士

はじめに

会社員をやりながら、社会保険労務士の登録をしつつ、独学勉強法について研究してます。自分の経験をもとに、試験ごとのテーマを扱っていきます。社会保険労務士・行政書士の勉強法を中心に考え方と経験を発信していきます。名前のとおり、これらの試験に対...
社会保険労務士

社労士試験の「問題誤り」および「訂正」について

毎年8月に行われる社会保険労務士試験ですが、試験委員の先生により作成された問題について、試験当日に訂正が配られることがあります。急を要するものについては、口頭にて伝達されることもあります。また、試験後の採点を通じて、問題誤りが発見されるこ...
社会保険労務士

科目別補正回数について

社労士試験は選択式、択一式ともに、総得点による合格基準を設けております。その上で、各科目の最低得点の基準も設けており、その両方を突破しなければ合格できない試験です。選択式で5点中3点、択一式で10点中4点。これがいわゆる「足切り」というも...
社会保険労務士

過去21年間の合格基準について

選択式になった平成12年の試験から21年間分の合格基準をまとめてみました。 合格基準 21年間分の平均を取ると、選択式25.1択一式44.7 最近10年間分の平均を取ると選択式23.8択一式44.7 選択式は平均が...
社会保険労務士

第52回(令和2年度)社会保険労務士試験試験委員について

昨年の社会保険労務士試験の問題を作成している試験委員の先生方について調べてみました。こちらは名前と作成単元公表されているだけなので、ネットで経歴や肩書を調べてみました。1人ずつの情報については触れませんが、どういう方々が作成しているのかを...
タイトルとURLをコピーしました